2007年11月28日

ネットビジネスお金稼ぐために1:売る商品を決める

ネットであれ、リアルであれば、ビジネスをするには「商品」が必要です。

「何も無いけど、お金だけは払ってね」
というのは詐欺以外の何者でもありません。


相手に役立つものを売って、その”お礼”としてお金をもらう

これがビジネスの基本です。

相手から堂々とお金をもらうためには、それだけの価値のある商品を持たねばなりません。

しかもその商品は、多くの人が「欲しい!」と思うような商品でなければなりません。

そのような商品をどうやって見つければよいのか。
また、必要に応じて、そうした商品を「作る」必要もあるでしょう。

幸いにしてインターネットでは「情報」が売れます。
情報化社会の進歩は目覚しく、今日では貴重な情報・有益な情報はそれだけで金銭的な価値を持つのです。
ですから、たとえ工場を持っていなくても「情報」をまとめ、それを販売することは可能です。

いずれの場合にしても、「売れる商品」を見つけることは、ビジネスにおいて最優先課題です。

では、どのようにして「売れる商品」を見つけることができるのか。

その鍵はリサーチにあります。

本・雑誌・広告・ウェブサイトなどを徹底的にリサーチするのです。
必要に応じて、ウェブ上でアンケートをとったりもするとよいでしょう。

そうしてリサーチをして
・売れるテーマ、ジャンル
・人々が必要としているもの
などを見極めていく。

それが分かれば、あとは具体的な商材選びです。

まず第1段階はリサーチであること、それを忘れないで下さい。

さらに詳細は、ネットビジネス大百科のModule1をご覧ください。


posted by ネットビジネスお金稼ぐ at 00:21 | Comment(29) | TrackBack(2) | ネットビジネス入門
2007年11月24日

副業ネットビジネスお金稼ぐ2:商材を作る

売る商品(のジャンル)が決まったとしましょう。

既にモノがあるのならば、それを売るだけでいいですから話は簡単です。
しかし多くの場合は、自分で売るモノを作る必要があるでしょう。


幸いにしてインターネットでは、「情報」そのものが売れます。
売れる情報が分かったら、その情報をPDFファイルなどにまとめてあげれば「情報商材」と呼ばれるものの出来上がりです。

※PDF・・・Adobe社製のソフト「Adobe Reader」(無償)で読めるファイル形式。文字などを非常にきれいに表示することが可能。


しかし、とは言ったものの、必ずしも「売れるテーマ」についての知識を自分が持っているわけではないでしょう。

本を読んで勉強して手に入る程度の知識であれば、それを情報として再販するほどの価値はありません。
やはり、特有の経験のある人だからこそ知っている情報でなければ、お金を出してまで知ろうとはしないでしょう。
また役に立たない情報を販売していては、クレームが来ますし、一度信用を失ってしまえばその後はネットで稼ぐということは難しくなります。

では、そうした普通の人が知らない情報を入手するにはどうすればよいのか。

答えは簡単で、人に聞けばよいのです。

専門家を探して、取材を依頼する。
そして適当な契約を交わして、情報の販売権を入手する。
あとは取材した内容をまとめてやれば、立派に情報商材が出来上がるわけです。

もちろん専門家の探し方や、契約の際の注意点などはさまざまあります。

さらに詳細は、ネットビジネス大百科のModule1をご覧ください。
posted by ネットビジネスお金稼ぐ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス入門
2007年11月23日

副業ネットビジネスお金稼ぐために3:セールスレターを書く

売りたい商材ができたら、次に必要なのはセールスレターです。

ネットビジネスではセールスレターが命です。

どんなに商材が素晴らしくても、セールスレターがへぼだったら絶対に売れません。
ネットで売っている限り、お客様は中身を見れないですからね。

一方で、セールスレターさえ上手ければ、くだらない商材でも売れてしまうという危険性はあります。

『ユダヤ人大富豪の教え』(本田 健)というかなり売れた本がありますが、そこでは
「セールスの達人になれば一生食いっぱぐれることはないだろう」
というようなことが言われていますが、
ネットビジネスでは、セールス=セールスレターです。

一流のセールスレターは、一流の営業マンです。
しかも現実に営業マンを雇ったならば毎月給料を支払わねばなりませんが、
セールスレターは一度書き上げてしまえばあとはほったらかしで売り続けてくれます。
せいぜいサーバーの維持費が数千円かかる程度のものでしょう。

覚えておいてください。
セールスレターで売り上げの8割は決まります。

アクセス数を集める前に、まずセールスレターです。
レターの成約率が0.1%違うだけで最終的な売り上げは2倍も違ってきます。
(余剰分を広告費に回してアクセスを集められるため)


では、どうしたら売れるレターが書けるのか。

セールスは科学です。
人間の行動については、行動心理学という分野ですでによく研究されていますので、それを学んでみるのもいいでしょう。

もし最高のレターを最速で書けるようになりたいならば和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科のModule2をご覧ください。

科学を裏づけとした、感情のこもったセールスレターの書き方をあなたは知ることになるでしょう。

※お金をかけたくない人は、ネットビジネス大百科のセールスレターを研究するのもいいかもしれませんね。
まず「まねる」ところから入るのも一つの手です。
posted by ネットビジネスお金稼ぐ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス入門
2007年11月22日

ネットビジネスお金稼ぐために4:アクセスを集める

商材ができた、レターも書けた、となれば、あとは集客のみです。

ネットでの集客法にはいくつかありますが、まず注意。

集客=アクセスを集めること
 ではありません。

どんなにアクセスを集めても、購入につながらないアクセスは無意味です。
ここでは、購入につながるアクセスのことを「集客」と呼ぶことにします。

ネットでの集客法として代表的なものとして次のようなものがあります。

・SEO対策
・広告
・アフィリエイト


・SEO対策
検索エンジン対策とも言われます。
GoogleやYahooなどの検索エンジンで、売りたいテーマに関連するキーワードでの上位表示を狙います。
一度上位に表示されれば、その後の維持費は無料となる場合が多いです。
しかし、キーワードによっては非常に激戦区でお金を払っても難しい場合が多い上
時間がかかることもあります。


・広告
ネットでの広告には2パターンあって、
一つは通常のバナー広告
もう一つは、Google AdwordsやOvertureなどのクリック広告です。
現在のネット業界ではクリック広告が全盛です。
価格は1クリックあたり、5円〜500円以上とかなりバラツキがあります。


・アフィリエイト
アフィリエイトを使う方法もあります。
情報商材では、インフォカートインフォトップなどのアフィリエイト・販売サービスもありますので利用してみると良いでしょう。


さらに詳しいことは、和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科のModule3をご覧ください。
posted by ネットビジネスお金稼ぐ at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス入門
2007年10月28日

副業ネットビジネスで稼ぐために5:人が集まるところを探す

副業ネットビジネスで稼ぐならば、まずどんなところにお金が集まるのかをよく知らなければなりません。


ちょうど縁日の屋台のようなものです。

誰もいない、人の集まっていないときに屋台を出しても商品はろくに売れないですよね。

逆に、たくさんの人がいるときに屋台を出せば、1日で何十万という売り上げをあげることができるわけです。

人が集まっているところに店を出す、というのはビジネスの王道ですが、
それはネットビジネスでも同じです。


では、どんなところに人は集まるのか、それさえ分かれば、あとはその人たちが欲しているモノを売ればいいだけですから、売るべき商材もおのずと決まってきます。

「何を売ればいいのか分からない」という人は、どこに人が集まっているのかが分かっていないのです。

人が集まるところが分かれば、(もっと言えばお金が集まるところが分かれば)
何を売れば売れるのか、何を売れば稼げるのか、何を売れば儲かるのか
も必ず分かります。


ですからビジネスの最初の一歩は「人が集まるところを見つけること」なのです。

では、どうやって人が集まるところを見つけるのか。
より詳細は、ネットビジネス大百科のModule1をご覧ください。


posted by ネットビジネスお金稼ぐ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス入門
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。