2007年11月24日

副業ネットビジネスお金稼ぐ2:商材を作る

売る商品(のジャンル)が決まったとしましょう。

既にモノがあるのならば、それを売るだけでいいですから話は簡単です。
しかし多くの場合は、自分で売るモノを作る必要があるでしょう。


幸いにしてインターネットでは、「情報」そのものが売れます。
売れる情報が分かったら、その情報をPDFファイルなどにまとめてあげれば「情報商材」と呼ばれるものの出来上がりです。

※PDF・・・Adobe社製のソフト「Adobe Reader」(無償)で読めるファイル形式。文字などを非常にきれいに表示することが可能。


しかし、とは言ったものの、必ずしも「売れるテーマ」についての知識を自分が持っているわけではないでしょう。

本を読んで勉強して手に入る程度の知識であれば、それを情報として再販するほどの価値はありません。
やはり、特有の経験のある人だからこそ知っている情報でなければ、お金を出してまで知ろうとはしないでしょう。
また役に立たない情報を販売していては、クレームが来ますし、一度信用を失ってしまえばその後はネットで稼ぐということは難しくなります。

では、そうした普通の人が知らない情報を入手するにはどうすればよいのか。

答えは簡単で、人に聞けばよいのです。

専門家を探して、取材を依頼する。
そして適当な契約を交わして、情報の販売権を入手する。
あとは取材した内容をまとめてやれば、立派に情報商材が出来上がるわけです。

もちろん専門家の探し方や、契約の際の注意点などはさまざまあります。

さらに詳細は、ネットビジネス大百科のModule1をご覧ください。
posted by ネットビジネスお金稼ぐ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス入門
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。